ぜにたむしはかゆいというより痛い

【丸い赤い痒い】かゆいというより痛い!ひりひりする

ぜにたむしは痛い

ぜにたむしはよくかゆい症状がでると言われています。

 

 

でもかゆみより、ちょっとしたヒリヒリ感があって痛いような感じです。

 

 

というか、ぜにたむしって皮膚に丸い湿疹が出来る前から
「なんかヒリヒリするな」
と思っていたところが、時間の経過と共にぜにたむしができていたりするものだと思います。

 

 

まぁ結局かゆくても、痛くても、皮膚に違和感を感じるわけで…。
結果かきむしってしまいがちなんですけどね。

 

人間、違和感を感じると手がそこに伸びるんですよ。
そして触っているうちに、さわり癖がついて気がついたらかきむしってしまったりします。

 

そこまでかゆくなくても、なんどもぜにたむしの箇所を触っているうちにかきむしってしまうことが多くなります。

 

 

 

やっぱりぜにたむしって放置していると、広がって皮膚の異常箇所がひろがっていきます。

 

 

そうなってくると、かゆみは薄くなりますが、ひりひり感の痛みのほうが感じると思いますね。
見た目的にも
「触ったらどんな感じなんだろう?」
と思って、手が伸びてしまいます。

 

かきむしらないように注意してください。
ぜにたむしで怖いのは、ぜにたむし自体そのものではなく、かきむしってしまうことだと思っています。

 

かきむしってしまうと、いろいろ手遅れになってしまうんですよねぇ。
だって、人間かきむしってメリットなんてあるか?
体をかきむしる健康法なんて、まったく聞きませんよね。

 

 

 

 

 

広がる⇒薄くなる⇒消えていく

自分はぜにたむしは放置タイプなんですけど。
いや、最近は薬を使うようになりましたけど。

 

 

ぜにたむしは、はじめはちょっとした肌荒れというか、赤みなんです。
それが時間と共に広がっていきます。
でも広がっていくと、はじめより赤みは薄くなって、黒ずんでいくような感じです。

 

 

広がるのも限界がくると、今度は元の皮膚に戻っていきます。
ただこれはかきむしらなければ話なので、かきむしったらさらにどんどん広がる可能性があります。

 

まぁ人間風呂には入ると思うので、ぜにたむしにも限界があるのだと思います。

 

 

ただやっぱり放置で消えていったぜにたむしは、ふたたび再発する可能性が高いです。
再発したときは、今度はぜにたむし(水虫)用の薬でやつけたいところですね。

 

 

後、単純に放置だとぜにたむしをよく触ってしまいます。
そりゃそうですよね、薬を塗れば、塗った後はぜにたむしの箇所は触らないでしょ。

 

 

ぜにたむしの薬には、かゆみどめ効果もありますけど。
そういうかゆみどめ効果がどうこうよりも、薬を塗った箇所をその後ベタベタ触ることなんてしないと思います。

 

でも放置だと、なにもつけていないから、さわり癖がついてしまうんですよ。
まぁ簡単にいえば、ペンキ塗りたてのものってそんなにベタベタ触らないでしょ。
でもペンキが乾ききったら、普通に扱いますよね。

 

 

 

 

 

耐えられる痛みなので我慢

ぜにたむしの痛みは、ちょっとしたひりひりなので耐えられる痛みだと思います。
変に気にしてかきむしってしまうと、悪化してしまいますし、跡が残ってしまう可能性があります。
なので、かきむしるのだけはやめてください。

 

人間、なぜかきむしってしまうのかというと、かゆいというより
【掻き癖によって手が伸びてしまうからかきむしってしまう】
のだと自分は思っています。

 

 

掻き癖がついていると、かゆくもないのに手がぜにたむしの箇所に伸びてしまいます。
かきむしらなかったとしても、頻繁に触るのもよくないです。

 

人間って、そんなに自分の体をベタベタ触ったりしないですよね。
ぜにたむしができても、自分の体を触ったりしないように気をつけて欲しいです。

 

一度癖がついてしまうと、どうしても手がぜにたむし箇所に伸びてしまうのでつらいと思います。
そういうときは、ガーゼを当てたりするのも有効だと思います。

 

 

ガーゼを当てるのがぜにたむしにとって良いのか悪いのかは知りません。
でも少なくともガーゼをあてれば、かきむしるのは無理でしょ。
ガーゼでガードされているわけで、かきむしれないです。
まぁ自己責任でやってください。

 

 

自分はアトピーでもぜにたむしでも、気になって仕方ないときは、そこにガーゼを貼ります。
そうすれば、さすがにガーゼを剥がしてまでかきむしろうとはしませんから。

 

ぜにたむしの痛みも、気持ち治まる気がしますね。

 

 

ぜにたむしのできはじめは、赤い点々な気がします。
それが時間と共に徐々に丸い跡のようになっていくわけです。

 

自分がぜにたむしの初期症状は
「皮膚がなんか、チクチクするな」
みたいな感じが多いです。

 

そのチクチクしていた箇所が時間と共に、ぜにたむしのようになっていくことが多いので。
注意して様子を見ています。
まぁそれでぜにたむしではなかったら、どうにもなりませんし。

 

皮膚がチクチクする時点では、ぜにたむしという確証がないので。
まだぜにたむし(水虫)薬は使えないですからね。

 

 

ただぜにたむしの薬を使わないとしても、かきむしり防止対策はとったほうが絶対にいいです。
なにかを塗るとか以外にも、かきむしり防止対策はあるはずです。


ホーム RSS購読