赤ちゃんがぜにたむしになったら病院へ

【ぜにたむし】赤ちゃんの対策は病院へ!親が安心するために

赤ちゃんがぜにたむしになる

あぁ、大人がぜにたむしになったのなら、自分は結構適当(おい!)に
「水虫薬でも塗っとけばいいのでは?」
なんて言ってしまうんですけど。

 

 

でも、赤ちゃんがぜにたむしになったのなら、病院に行くのがいいと思います。

 

それはなんか自分がいいアドバイスができないと同時に。
親としては、病院に連れていかないと心配で、精神的ストレスが大きそうだからです。

 

 

親は子供がかわいいのはあたりまえなわけで。
その子供が心配なら、やっぱり最良の手段は病院に連れて行くことだと思います。
親(自分自身)のために病院に行くのが良いというわけですね。

 

 

自分の甥っ子も、子供の頃、アトピーだったのか、なにか知りませんけど。
湿疹のようなものができて、痛そうにしていました。
痛みで泣きながら、掃除機とか倒していましたからね。

 

まぁ赤ちゃんとかは、常識が通用しないところがあるので。
ぜにたむしだった自分的にも、赤ちゃんのぜにたむしと聞くとお手あげなところがあります。
なので赤ちゃんがぜにたむしになったのなら、専門家に見てもらうのがいいと思います。

 

 

そもそも病院に行かないと
「これってぜにたむしかしら?」
な感じで、ぜにたむしなのかどうかの判断も難しいと思います。
ぜにたむしと貨幣状湿疹って似ていないか?

 

 

だから、病院に連れていって、まずはぜにたむしなのかなんなのか聞くべきだと思います。
もし医者が、なんなのか伝えず、対策だけ述べるようなら、そこの病院は半分ヤブだと思います。

 

 

なに言っているのか、わからない人もいるかもしれませんけど。
いるんですよ。そういう医者が。

 

どんな症状に対しても
「私がいう対策をすれば治る!」
みたいな医者が…。
いや、マジで…。
実際に自分もアトピーで病院に行って、そういう医者に遭遇しましたから。

 

 

なので病院に行ってNGなのは、自分のほうから
「たぶんぜにたむしだと思うんですけど」
とか言ったりするのはダメですね。

 

「うちの子供に湿疹みたいなものができているんですけど、これはなんですか?」
と聞くのが正解なのでは?

 

診察の結果、赤ちゃんにできた湿疹がなんなのかはっきり言わない医者は…。
ヤブとか言いませんけど、実力不足なのでは?
それか、怠慢だと思います。

 

 

 

 

 

かゆみ対策を

ただぜにたむしの治す方法はこちらはお手上げでも。
ぜにたむしはかゆみがある症状ですから、かゆみどめ対策ができます。

 

 

簡単なのは、かきむしる手をふさいでしまう対策ですね。
手袋です。

 

 

自分もアトピーだったときは、手袋をして眠っていましたね。
まぁすぐに取れてしまうんですけど。
なにもしないよりはマシです。

 

後は爪が伸びているのなら、切っておいたほうがいいですね。
ぜにたむしもかきむしっていたら、どんどん悪化していきますから。

 

むしろかきむしってよくなる症状なんて何一つないです。
というか、自分の体を触って良いことなんて、なにもないでしょ。

 

ニキビでもそうですよね。
気になりますけど、触って良いことなんて何一つないわけです。

 

 

手を防ぐのではなく、ぜにたむし箇所をガードする方法もあります。
むしろ赤ちゃんにはこっちのほうが有効かもしれません。

 

ガーゼをあててやればいいわけですね。

 

 

 

自分的にはこっちのほうがおすすめかも。
もし滲出液がでているようでも、それを防ぐことができますからね。

 

 

ガーゼを貼ることで、かゆみが気になっても、ガーゼがありますから。
かきむしるのをやめる可能性があります。

 

赤ちゃんならガーゼを剥がしてしまうかもしれませんけどねぇ。

 

 

 

 

 

赤ちゃんのぜにたむしいろいろ

赤ちゃんがなぜぜにたむしになったのかは謎ですね。

 

でも赤ちゃんってぜにたむしになりやすい気がします。
免疫力の関係かな。

 

ぜにたむしになりやすいというより、赤ちゃんって湿疹とかかぶれとかなりやすいでしょ。

 

 

親が赤ちゃんの皮膚の異常を見て
「ぜにたむしかな」
と勝手に判断して、市販のぜにたむし薬を使うのは、ちょっと悪手な気がします。

 

 

さっきも書きましたけど、本当にぜにたむしなのかどうかの判断ができないので。
もしぜにたむしではなかったら嫌ですよね。

 

いや、そこまで市販のぜにたむし薬が危険なものだとは思いませんけど。
なにしろ、赤ちゃんはいろいろ未知なところがありますから。
市販のぜにたむし薬でも、万が一があったら怖いです。

 

 

後は、やっぱり病院にいっても、医者が誤診したりすると嫌ですね。
ぜにたむしは見分けがつきにくい症状だと思っているので。
もし行った病院に違和感を感じるのなら、セカンドオピニオンかな。

 

これは運が悪いとかではなくて、もう今の世の中では半分あたりまえなのかもしれませんね。
アメリカでは、病院に行ったら
「セカンドオピニオンを受診しますか?」
と、行った医者から招待状を書いてもらえたりするようですね。

 

 

ただ日本ではまだそういう風習はないようですし。
医者って、変にプライドが高いおっさんやじじいが多くいるので。
不愉快に思われる可能性があるので、セカンドオピニオンを受診するのなら、こっそり行くべきか…。

 

 

赤ちゃんって、皮膚に異常ができやすいですけど。
結構簡単に治ったりするので。
ぜにたむしだと思っていても、放置していたら、いつの間にか元通りになる可能性もあると思います。

 

ただ、やっぱり親としては赤ちゃんに異常がでると
「どうしよう」
と思うところがあるので、心配なら安心するためにも病院に行ってみてもらうのがいいかと思います。

 

 

赤ちゃんがぜにたむしになって
「パパが水虫だから、そこからうつった!」
とか、そういうことを思う人もいそうですけど。

 

なんかそういう特定のところではなく、生きているとどうしても菌がついてしまうので。
偶然的なものだと思いますねぇ。

 

 

赤ちゃんはそれでなくてもいろいろなものを触ったりします。
指を出すと、ぐっと握ったりしますよね。

 

というか、無菌でいることなんて不可能でしょ。
だから、免疫力が弱い赤ちゃんは皮膚に異常が出やすいのだと思いますね。

 

 

赤ちゃんがぜにたむしにならないように、殺菌力の強いスキンケア製品を使うのもアリかもしれませんが。

 

 

赤ちゃんは敏感肌でもあるので
「肌に優しい赤ちゃん向けスキンケア製品を使いたい」
って人も多いと思います。

 

 

自分も敏感肌なので、いろいろ試していますけど。
こういうのは結局正解なんていうものはないというか、自分で判断しないといけないと思いますね。

 

 

まぁ自分が子供の頃は、親が使っているものを普通に使っていましたから。
やっぱり赤ちゃんが自分で製品を選ぶことはないというか。
子供は、スキンケア製品なんかは全部親任せです。
むしろ子供がスキンケア製品に興味を持っていたら怖いわ!

 

親が子のためにどういうスキンケア製品を使おうか考えているのなら、十分子供のことを考えている気がします。

 

 

なんか自分が子供の頃は、特に理由もなくシャンプーはメリットで。
石鹸はミューズを使っていた気がします。

 

どちらの製品も別に悪いというわけでもないんですけど!
自分も別にどちらの製品にも不満は持ちませんでしたし。
今現在も自分の親はメリットとミューズは普通に使っていますね。

 

 

むしろよくわからないメーカーの製品とか使っていなかった分だけ助かったわ。
食べ物より皮膚吸収のほうが影響が大きいからなぁ。

 

スキンケア製品は、安くても有名メーカーの製品なら安心できます。
でもいくら値段が高くても、聞いたこともないメーカーの製品はちょっとこわいですよね…。


ホーム RSS購読