ぜにたむしの治りかけ 完治と再発

【丸い赤い痒い】治りかけは完治から遠い!再発しないために薬を塗る

ぜにたむしの治りかけ

ぜにたむしの治りかけって、まったく完治から遠いです。

 

 

ぜにたむしって、皮膚が元通りになったら完治ではなく。
皮膚にいる白癬菌をやつけて完治となるんです。

 

 

ぜにたむしは放置でも皮膚は元通りになります。
でも白癬菌は残っているので、またぜにたむしが再発しやすいです。

 

なので、白癬菌は薬で完全にやつけたいところです。
そのため、皮膚が元通りになっても、薬を塗るのはある程度続けたほうがいいとされています。

 

 

皮膚が元通りになっても、1ヶ月は塗り続けたほうがいいとされていますね。

 

 

自分の場合は、放置でぜにたむしの皮膚状態は元通りになったんですけど。
夏になると、高確率でぜにたむしが再発していましたね。

 

で、また放置で秋の後半には皮膚が元通りになったんですけど。
また夏にぜにたむしが再発して、かゆくて困りました。

 

 

 

 

 

再発しないために薬を使う

ぜにたむしを再発させないために、水虫薬を使い白癬菌をやつけます。

 

 

もちろん、白癬菌を完全にやつけても、再び白癬菌が付着する可能性はあるので。
再発というか、またぜにたむしになってしまう可能性もあると思います。

 

 

なので、ぜにたむしになりやすい体質の人は、殺菌力の強いスキンケア製品を使うのもいいかもしれません。

 

 

自分の感覚では

夏⇒湿気が強くてぜにたむし
冬⇒モコモコの衣服でぜにたむし

こんな感じがありますね。

 

自分的には冬よりも夏のほうがぜにたむしができやすいかなぁ。
夏は長時間座っているだけで、おしりが湿ってぜにたむしができやすいです。

 

冬は衣服のダニっていうの?
そういうのに気をつけていれば、ぜにたむしになりにくいかもしれません。
でもマフラーとかしていると、首にぜにたむしとかできるので。
なにがきっかけでぜにたむしができるかわからないです。

 

 

なので放置でぜにたむしが消えて
「今後はぜにたむしができないように気をつけよう」
と思っていても。
その皮膚に白癬菌が残っていれば、ちょっとしたことですぐにぜにたむしが再発すると思います。

 

なのでぜにたむしが治りかけに見えても、油断しないほうがいいです。

 

 

 

 

 

ぜにたむしは再発しやすい

自分的にはぜにたむしは再発しやすいと思っています。

 

放置でぜにたむしをなくしていた点もあったと思いますけど。
それ以上に、どうもぜにたむしが出来やすい体質ってあるようです。

 

 

自分は水虫はまったくできないんですけど。
ぜにたむしはできやすいようです。

 

 

ぜにたむしができた人は、ぜにたむしができやすい体質だと考えるべきかと。
なので、ぜにたむしは薬を使い、しっかり完治させたいところです。

 

 

再発すると、また治すのがめんどうですからね。
ぜにたむしが治ったと思った後も、1ヶ月ほどはぜにたむしの薬を使うべきかと。

 

 

ぜにたむしが再発すると、前に使っていた薬を再び使う気にはなれない気がします。
おそらく薬を開封して1年以上経過していると思いますから。

 

なので、また新しい薬を購入することになって、出費も増えますから。
しっかりぜにたむしを完治させたほうが、出費も抑えることができるはずです。

 

 

ぜにたむしの薬にはかゆみどめ効果もありますから。
塗ることで安心できるところもあります。

 

 

治りかけにみえて
「この調子なら、薬を買わなくてもいいかぁ」
と思う人もいるかもしれませんけど。

 

治りかけになると、ぜにたむしの場所がわからなくなるので。
放置でぜにたむしの跡が消えたのなら、どこに白癬菌がいるのかもわからなくなってしまいます。

 

なので、むしろぜにたむしの症状や跡がついているときがチャンスなのかもしれません。

 

 

ぜにたむしを治すためには、白癬菌をやつけること。
そのために、皮膚上では治ったように見えても、白癬菌がいる可能性があるので。
治りかけから1ヶ月ほどは薬を塗ったほうがいいかもしれませんねぇ。

 

逆に薬をやめるタイミングのほうが難しい気がします。
白癬菌がもし残っていたらと思うと怖くなりますから。


ホーム RSS購読