ステロイド薬は悪化の可能性

【丸い赤い痒い】ステロイドは悪化する可能性がある?

ぜにたむしでステロイドは悪化する?

自分はアトピーなので、ステロイドをもらった経験があります。

 

 

いやぁ、ネットでマイザーって調べてみたら、結構強めのステロイドで驚いたんですけど…。

 

 

たまにぜにたむしでステロイドを処方される人がいるみたいですけど。
ステロイドって炎症を抑える効果がある薬なわけで、ぜにたむしを治す効果はないです。

 

ネットで調べていると
「ぜにたむしにステロイド薬は逆に悪化する」
という人もいるので気をつけたほうがいいと思います。

 

実際のところ、ぜにたむしにステロイド薬を塗ると悪化するのかというと、そういうわけではないようです。
単に
「ぜにたむしにステロイド薬は治療方法が間違っている」
から、治らないってことを大げさにいって
「悪化!」
みたいな感じっぽいです。

 

まぁぜにたむしって放置でも皮膚状態だけは元にもどったりしますからね。
白癬菌が残っているので、また再発しますけど。

 

 

なので
「ぜにたむしにステロイドを塗ったら悪化するのか!どうしよう!」
と思っている人は、安心していいです。

 

悪化とまではいかないっぽいです。
まぁステロイド自体が副作用があるとされている薬ですから。
ぜにたむしに意味がないのならステロイドを使うのは損ですよね。

 

ステロイドにはかゆみどめ効果があるので。
ぜにたむしに間違ってステロイドを使っても、かゆみを抑える効果はあるんですけど。

 

 

ということで、ここまでをまとめてみると

  • ぜにたむしにステロイド⇒悪化するわけではない(?)
  • ぜにたむしにステロイド⇒間違った治療法
  • ステロイド⇒副作用の可能性があるのでできれば使いたくない

こんな感じですね。

 

 

ただ自分もアトピーで、ステロイドを使っていましたけど。
ステロイドの副作用を実感した人っているんでしょうかね。

 

自分もステロイドを使っていましたけど
「なんか、だんだん効果がなくなってきたな」
みたいな感じはありましたけどね。

 

アトピーでかきむしりすぎたから、おしりの皮膚が完璧に戻らないのか。
ステロイドの副作用でおしりの皮膚が完璧に戻らないのか。
その判断はできないですし、たぶんかきむしりすぎただけな気がします。
ちょっと色素沈着が残っているんですよね…。

 

 

 

 

 

ぜにたむしにステロイドを使う理由

なぜぜにたむしなのにステロイドを使ってしまうのか?
これは病院の診察ミスのところが大きいと思います。

 

というか、病院から処方されないと、そうそうステロイドなんて塗ろうと思わないものでしょ。
病院はステロイドではなく、水虫薬を処方しないといけないわけですけど。
病院側はたむしの判断ができなかったわけですね。

 

 

おそらくこれは病院側とこちら側で考えの行き違いがあるのかと思います。
病院側「アトピーだ」
こちら「ぜにたむしだと思う」
こんな感じなので、病院側はなんとなくステロイドを処方しているのかと。

 

他にも
病院側「たぶんアトピーでしょ」
こちら「私もアトピーだと思う」
こんな感じで、アトピーだと思われてステロイドを処方されているのだと思います。

 

 

ぜにたむしとアトピーって見分けるのが医者でも難しいので…。
こちらがなにも言わないで、皮膚状態だけ見せれば、医者はなんとなくステロイドを処方する人も多いですよ。

 

 

こちらとしても、ぜにたむしなんていう症状を知らなければ、それで納得しますよね。
自分もずっとアトピーだと思っていましたけど。
いろいろ調べて
「これってぜにたむしなのでは?」
とか気づいた感じですから。

 

 

医者はたしかにプロなんですけど。
医者が完璧ってわけではないですからね。
アトピーとぜにたむしや貨幣状湿疹を間違える医者は多いかと思います。

 

なのでぜにたむしなのにステロイドだけを処方される人もいるのかもしれませんねぇ。

 

 

 

 

 

ステロイドでかゆみは治まるが治らない

ぜにたむしにステロイドを使うと
「逆に悪化する」
という人がいますけど、自分的にはステロイドは炎症を抑えるので一時的にかゆみは抑えると思います。

 

つまりまったく効果がないってわけではないです。
ぜにたむしはかゆいので、そのかゆみがステロイドで治まるのは助かります。

 

 

ただ根本的な治療にはならないわけです。
ぜにたむしを治すためには白癬菌をどうにかしないといけないので、水虫薬が必要になります。

 

【ぜにたむし関連製品一覧はこちら】
ぜにたむし

 

 

ただ、病院で出された薬を信用する人が多いと思うので。
ぜにたむしでステロイドを処方されて、普通に塗って
「かゆみが治まったから、さすがだな」
と満足する人も多そうですね。
病院でステロイドを処方されたときは、ネットでいろいろ調べてから利用するのがいいと思います。

 

 

実際のところ、ぜにたむしなのにアトピーだと診断されて、ステロイドを使っている人は多いと思います。
アトピーとぜにたむしでは、ぜにたむしの知名度は圧倒的に低いです。

 

病院に行って患者が
「アトピーだと思うんですけど」
なんていって皮膚を見せれば、医者もアトピーだと思って診察します。
ここがやっかいなんですよねぇ。

 

病院に行って、医者と対面したら、医者は
「どうしました?」
なんて聞いてくるから、患者のほうもなんとなくの知識で
「アトピーっぽい感じになっているんです」
と言って、皮膚を見せる人は多い気がします。

 

 

そして診察で
「かゆみがある」
なんて聞いて、医者も
「アトピーって言っているし、症状もアトピーにあてはまっているから、アトピーかな」
ということで、アトピーだと思われるわけですね。

 

 

だからこれは、患者のほうはアトピー以外の可能性も考えないといけないんですけど。
肌に異常がでてかゆいとなると、アトピーだと思ってしまいますよねぇ。

 

だって患者としてはぜにたむしなんていう症状をしらないわけですから。
自分も体に水虫ができるなんて知りませんでした。

 

水虫なんて足にしかできないものであって。
自分は水虫とはまったく無縁なんですよねぇ。

 

 

 

 

 

ぜにたむしだとわかれば恐れる必要はない

ぜにたむしで怖いのは
【ぜにたむしだとわからない状態】
だと思います。

 

 

自分もなんとなく湿疹がでていると思っていたときがありましたからね。
いまだにぜにたむしなのか、貨幣状湿疹なのかもわからなかったりするんですけど。

 

 

ぜにたむしだとわかれば、ステロイドなんて使わないでしょ。
でもぜにたむしだとわかっていない人は
「ステロイドを使えばいいんだな」
と思ってしまうわけです。
病院で処方された薬なわけですから。

 

 

でも病院も勘違いするというか、病院もぜにたむしだとわかっていないこともありますから。
自分自身で気づかなくても、病院も気づいてくれない可能性は冗談抜きに高いです。

 

そして病院に行って皮膚状態を見せるときに、こちらから
「アトピーだと思う」
とかそういうことを言ったら、もう医者もアトピーだと思って対処法をいろいろ言ってくるので…。
軽いことをいわないほうがいいと思います。

 

病院の医者もかなり適当ですから。
特に皮膚科ってかなり適当な気がしますねぇ。

 

 

たぶん医者が誤診しても
「あなたがアトピーだと言ったんでしょ」
みたいなことを言ってくるかと思います。
だから、ぜにたむしができたら病院は2つか3つぐらい行かないとわからないものだと思います。

 

 

人によっては
「んな馬鹿な」
と思うかもしれません。
病院がそんな適当な感じで診察するはずないと思う人もいるかと。

 

でもぜにたむしなのにアトピーだと思われていたり。
アトピーなのにぜにたむしだと勘違いされたり。
そういうことって多い気がします。

 

アトピーだったのがかきむしっているうちに、ぜにたむしになるケースもあると思います。

 

 

病院が完璧ではないというか。
アメリカでは、今では病院に行くと
「セカンドオピニオンを受けますか?」
と言って、紹介状みたいなものを出してくれるそうです。

 

1つだけの医者に行って、完璧なケースのほうが稀というかな。
アトピーでも、医者によって治し方はいろいろ違いますからねぇ。

 

診察内容が間違っているとかではなく。
その症状に対しての対応も医者によって代わってくるわけです。
だから医者のいうことが絶対というのはありえないわけです。

 

虫歯ができたら、虫歯を削って詰め物をしようという歯医者もいれば。
虫歯ができた歯を抜こうという歯医者もいると思います。
親知らずでは、歯医者によって対応はそれぞれ違うと思います。

 

 

自分が行った皮膚科は、皮膚の症状なんて特に気にしていなくて
「シャンプーやめて、水だけで頭を洗えば治る」
とか、そんな感じのことを言っていました。
まぁいまでもその皮膚科は頭おかしいと思っていますけど。

 

病院が完璧とか思っていると痛い目を見ますよ。
というか、皮膚科とかかなり適当で、ほんとよく暴動起きないな…。
患者はぶち切れていい皮膚科もあると思うというか。
自分の行った皮膚科がやばすぎただけなのかなぁ。

 

まぁ日本人は医者とか薬を信じすぎるところがあるのかもしれませんね。
もちろん医者とか薬は、頼りになるものなんですけど。
それを絶対だと思うのは危険だってことですね。


ホーム RSS購読