首のぜにたむし 原因と薬

【丸い赤い痒い】首にできる!ファーやマフラーが原因か?薬で治る

首のぜにたむし

首にぜにたむしってできやすいのか知りませんけど。
自分は首にぜにたむしができました。

 

 

自分はどちらかというと、下半身にぜにたむしって出来やすかったので。
首にぜにたむしができたときはびっくりしました。

 

だって首って、露出しているので乾燥しているでしょ。
だから首にぜにたむしができたのは意外でした。

 

 

原因は、コートのファーっていうの?
あの毛のもしゃもしゃなやつ。

 

 

こういうコートのファーみたいなものって、ダニがすごそうなので。
こういうところからぜにたむしになったんじゃないかと思ったりしました。
マフラーとかも、そうかな。

 

首って基本露出しているので乾燥しているんですけど。
結構敏感なところで、ぜにたむしってできやすいのかな。

 

首にぜにたむしができる人って結構いるようですね。

 

 

 

 

冬にできやすい

ぜにたむしって湿気がひどい夏にできやすいと思うんです。
自分の足やおしりのぜにたむしも夏に悪化しやすいです。

 

でも首のぜにたむしは、冬にできやすいです。
冬になると、ヒリヒリします。

 

 

これがなぜなのかわかりませんけど。
首は冬に白癬菌がつきやすいのかな。

 

まぁあくまでも自分が冬に首にぜにたむしができるってだけで。
一般的に首は冬にぜにたむしができやすいのかはわかりませんけど。

 

自分は冬になると、なぜか首にぜにたむしができやすいです。
冬の衣服に問題があるのかな…。

 

 

 

 

 

薬で治った

首のぜにたむしは薬で普通に治りました。

 

 

ヒリヒリして、イライラしたところもありましたけど。
ぜにたむし(水虫)の薬には、かゆみどめ効果もあるらしく。
スーッとしたので、ぜにたむしのヒリヒリも軽減できてよかったです。

 

 

治ったのは2ヶ月ぐらいかかったかな。
でもじょじょによくなっていったので、完全に治ったのは2ヶ月ぐらいでも、2,3週間ぐらいのときにはかなり楽になっていましたね。

 

 

放置でも治るのかといえば、治ったというか、皮膚の状態は元に戻ると思います。
でもぜにたむしを完全に治すためには、白癬菌をやつけないといけないために。

 

放置だと、皮膚の状態は元に戻っても、またいつか再発すると思われます。
なので薬を使うほうが良いと思いますけど。
まぁそこらへんは個人の判断だと思いますね。

 

 

再びぜにたむしができたとしても、また放置で元の皮膚に戻って。
また再発しても、また放置で元に戻るって感じも、それでいいのならいいのでは?

 

昔の自分はそんな感じでしたし。

 

 

 

 

 

首のぜにたむしは治る

首のぜにたむしは、完全に赤みがなくなるスピードが遅く
「これ、治るのかな?」
と思いましたけど、普通に治りました。

 

ただ治ると
「あれ?どこがぜにたむしだっけかな?」
とわけがわからなくなるので、首のぜにたむしは撮影しておいたほうがいいと思います。

 

 

冗談抜きに、自分の首のぜにたむしが、右側にあったのか、左側にあったのか。
今では、記憶が曖昧だったりします。

 

まぁ撮影しても、左右がぐちゃぐちゃで、わけわからなくなりそうですけど。
撮影しておけば、冷静に考えれば、どこらへんにぜにたむしがあったのかは理解できるかと。

 

 

首のぜにたむしって、いつ白癬菌がなくなったのかわからないので。
首の跡がなくなったとしても、念のためにもう少しぜにたむしの薬を塗っておいたほうがいいと思います。

 

後は、原因だと思われるファーやらマフラーやらは、その後はできるだけ使わないようにしました。
またチクチク痛んだりしたらいやですし。

 

【ぜにたむし関連製品はこちら】
ぜにたむし

 

 

首のぜにたむしは、首が露出している分、気になる人も多いと思います。

 

で、あまりにも気にして首をカバーしたりする人もいるかもしれませんけど。
やっぱりぜにたむしの白癬菌は湿気っていうの?
じめじめしたところを好むと思うので。
できれば露出したほうがいいと思います。

 

 

たしかによく見ると赤くなっていて、目立ってしまうかもしれませんけど。
他人からしたら、首なんてそこまで注意してみていないと思うので…。

 

目立つのは初期ぐらいで。
薬を塗って1週間ぐらいすれば、ほとんど目立たなくなっていると思いますね。


ホーム RSS購読