ぜにたむしの特徴 似た症状にアトピー

【丸い赤い痒い】丸い湿疹が特徴!かゆみがある!似た症状は?

ぜにたむしの症状と特徴

ぜにたむしの特徴は丸い円形の湿疹です。

 

 

まぁ自分もぜにたむしができても
「おそらくぜにたむしだと思うんだけど…」
程度なんですけどね。

 

つまりぜにたむしになったと思っている自分でも
「あれはおそらくぜにたむしだったと思う…」
な感じです。
素人では完璧にぜにたむしだと断定することは難しいと思います。

 

 

見ただけでぜにたむしだと断定するのは相当難しいです。
なので画像を撮影して
「これはぜにたむしですか?」
なんてヤフー知恵袋に相談しても、かなりきついかと。
他人事なので、適当に答える人は多そうですけど。

 

ぜにたむしに似たような症状がいろいろありますから。
アトピーや貨幣状湿疹とか。
その点で、さらにぜにたむしなのかどうかは判断しにくいです。

 

 

ぶっちゃけ自分は逆だったんですよ。
ぜにたむしだと思って別の症状だったのではなく。
アトピーだと思って、実際はぜにたむしだった可能性が高いです。

 

むしろなんでそうやって自分は初めから
「アトピーだな」
って決めつけていたのかわからないですが。

 

中学生や高校生の頃ってぜにたむしっていう症状自体知らないですからね。

 

 

 

 

 

病院に行ってもわからないことがある

確実にぜにたむしだという確証がほしいのなら、病院に行って診察してもらうといいと思いますが。
困ったことに、医者でも結構間違えることがあるので、要注意です。

 

病院に行って医者が対処法だけ教えて、症状名を言わないところは要注意です。
結構多いですよ。
皮膚を見せて、後はどうするのか対処法だけを使える病院って。

 

自分もアトピーで皮膚科に行きましたけど、結局どの病院も対処法だけ教えて、正式に
「アトピーですね」
と言われた事はなかったです。

 

 

確実にぜにたむしだという確証がほしいのなら
【病院は2つか3つぐらい行くべき】
だと自分は思います。

 

 

病院に行ったら、自分のほうから
「たぶんぜにたむしだと思うんですが」
とか
「皮膚に湿疹ができました」
とか言うと、医者も症状名は無視して対処法だけ伝えることが多いので、下手なことは言わないほうがいいです。

 

病院に行ったら、まずは
「この皮膚異常の症状はなんですか?」
と医者から、はっきりと症状名を聞いたほうがいいと思います。
それを言わない医者は、かなり腕(と性格)が悪いと思います。

 

 

医者の中には
「どんな症状でも私がいうとおりにすれば治る」
なことをいうところも結構多いですよ。
ごまかしているわけですね。

 

でもアトピーは体の中の異常であり、ぜにたむしは白癬菌の影響による異常ですから。
症状名によって、対策は違ってきます。
なので、どんな皮膚異常も同じ対策で治るってことはないんです。

 

自分はそういう経験があって病院嫌いなんで、おおよその自己判断でぜにたむしなのかどうか判断していますけどね。

 

 

ぜにたむしと間違いやすいのは

【アトピー】
【貨幣状湿疹】

こういったところかと思います。

 

他にもいろいろあるのだと思いますが。
馴染みぶかい症状となると、こういうところになると思います。
ぶっちゃけ、素人目では見分けるの無理かと。

 

 

自分が皮膚状にぜにたむしの丸状の湿疹が出来る前は
「なんか皮膚がチクチクするな」
という違和感を感じます。

 

ぜにたむしって、皮膚にでて気づく人が多いと思いますけど。
皮膚に症状が出る前に、チクチクっとした痛み(かゆみ)を感じる人もいると思うんですけどねぇ。

 

チクチクとした違和感を感じたときに、その箇所の皮膚を見てもなにも異常がないんですけど。
その後2,3日後にその皮膚に丸状の湿疹が現れている気がします。

 

 

 

 

 

ぜにたむしはかゆみがある

ぜにたむしは自分の経験からしたら、かゆみがあります。
かゆみがあるというか、ちょっとヒリヒリします。

 

 

かゆみがあるので、ぜにたむしとアトピーを勘違いする人は多そうです。
そもそもぜにたむしという症状の知名度がアトピーと比べると低いですよね。

 

なので、皮膚に湿疹ができると
「アトピーだな」
と決め付けてしまう人が多い気がします。

 

アトピーってかゆみがあるのが特徴で、アトピーの人が多いので。
「自分もアトピーになったか」
と思う人は、たくさんいると思いますよ。

 

 

こうなると、病院に行って医者に
「どうしました」
なんて聞かれると
「アトピーがかゆいんですけど」
なんていう人が多いわけで、医者もぜにたむしだと考えることはせず、アトピーだと決め付けて診察する可能性が高いので要注意です。

 

いや、優秀な医者なら
「アトピーではなくぜにたむしですね」
なんていうかもしれませんけど。
そういう医者は、かなり優秀なわけで少数しかいないと思います。
自分が行った病院がポンコツだっただけかもしれませんけど。

 

 

ぜにたむしのかゆみはかきむしるほどではありませんが、触りたくなってきます。
そしてさわってみると、真ん中がへこんでいて、円状の湿疹のところが膨らんでいます。

 

 

赤くなるので、皮膚と色が変わるのでわかりやすいと思います。

 

かきむしっていると、掻き癖がついてしまい悲惨なことになるので気をつけて。
アトピーでもぜにたむしでも、かきむしっていれば治りませんからね。

 

 

ぜにたむしは放置で治るのか治らないのかというと、皮膚上の症状は治ると思います。
つまり放置でも湿疹はなくなって綺麗な皮膚に戻ります。

 

でもいろいろ調べていると
「治ったようにみえて、水虫菌は皮膚に潜んでいる」
ということで、薬で治療しないとふたたびぜにたむしに悩む可能性は高いです。
薬を使わないと再発しやすいってことですね。

 

 

自分もぜにたむしができやすい体質なのは、ぜにたむしをきちんと薬で完治しなかったからかもしれません。
ぜにたむしをきちんと完治させないから、体のいろいろなところにぜにたむし菌がうつってしまっている可能性が考えられます。

 

 

ぜにたむしは皮膚に白癬菌が潜んでいる症状です。
皮膚の状態が元に戻ったり、皮膚にかゆみがなくなったとしても。
白癬菌をやつけていないのなら、再び丸状の湿疹ができたり、かゆみがでたりする可能性があります。

 

特に湿度が高い夏は、ぜにたむしができやすい気がします。
冬は乾燥しているからか、ぜにたむしはできにくく感じますね。

 

 

 

 

 

水虫(白癬菌)はうつる

水虫はうつるといいますよね。
なので自分も外出時にスリッパをはくときは、靴下をはかないと怖いので気をつけています。

 

 

ぜにたむしは水虫(白癬)菌が体に潜んだものなので、ぜにたむしもうつります。
まぁそんな簡単に水虫はうつらないと思うので、神経質になる必要はないと思いますけど。
できるだけぜにたむし箇所の人との接触は避けたいところです。

 

 

さっさと薬を使って治療したほうがいいです。

 

 

ぜにたむしには、水虫薬が効きます。

 

水虫も足の状態を見て判断する人がいますけど、治ったように見えて白癬菌をやつけきれていない可能性があるんです。
水虫薬を見ても
【治ったようにみえても、その後1ヶ月ぐらいは塗り続ける】
ように書かれています。

 

 

つまり大事なのは、皮膚の状態が元にもどることではなく。
白癬菌をやつけることなんです。
皮膚が元の状態にもどっても、それは単に白癬菌が活動を弱めているだけな可能性があります。

 

さっきも書きましたけど、夏は湿度が高いので白癬菌が活動しやすいです。
でも、冬は乾燥しているので白癬菌があまり活動しない気がしますね。

 

【ぜにたむし関連製品一覧はこちら】
ぜにたむし

 

結局ぜにたむしは放置では皮膚上は丸い湿疹がなくなったとしても、皮膚の奥底に水虫菌が眠っていることになります。

 

薬を使わないと、どうにもならないと言われています。
薬を使って治療するのが一番だと思います。

 

逆に考えると、皮膚はなにも問題がなくても、その皮膚には白癬菌を持っている人もいるかもしれないってことです。
そう思ったら、体を洗う石鹸って殺菌力がそれなりにあるものを使ったほうがいいのかもしれません。

 

まぁそこらへんの判断は人それぞれだと思いますけど。
他人に白癬菌をうつしたり、うつされるのは嫌ですよねぇ。

 

 

自分もずっと放置で元通りになっていたので
「私生活をちゃんとすれば治る」
と思っていましたけど。

 

体調を崩すと、すぐにぜにたむしらしき湿疹がでるので、やっぱり薬を使って治療するのが一番です。
すぐに治らないですけど、気長に薬を塗ることで治っていきます。

 

 

自分は水虫はまったくできません。

 

でもぜにたむしは、太もも、おしり、首、手など、いたるところにできています。
まぁぜにたむしなのか、確証はありませんけど。
ぜにたむしに一致する丸状の湿疹がよくできるんですよね。

 

 

なので、今では放置で皮膚にまったく異常がみられない箇所も多数あるので…。
ぜにたむしの水虫菌を確実に倒すのは時間がかかりそうです。

 

でもなんで足は水虫にならないのか?
それが不思議です。

 

 

 

 

 

似た症状と間違えても気づけるかどうか

ぜにたむしを似た症状と間違えたとしても、それに気づくことができればどうにかなります。
自分も
「これ、ぜにたむしなんじゃね?」
と気づいて、ぜにたむしの薬を使ってからは、アトピーだと思っていたおしりは安定しています。

 

 

でももし気づくことができなかったら?

 

いまだに夏になると、おしりが蒸れて
「アトピーが悪化した」
と思って、じゅくじゅくになっているかもしれません。

 

 

そもそもおしりって、自分でじっくり見ることができないですし。
かきむしりすぎて、おしりの皮膚が黒ずんでいるので、さらによくわからないんですよ。

 

だから
【ぜにたむしだと気づけれたのは奇跡】
だったのかもしれません。

 

 

病院に行っても、アトピーだと思っていたら
「アトピーが悪化してつらいんです」
と医者にいえば、きっと医者はアトピーだと思って診察するかと思います。

 

まぁ実際アトピーも併発していた気がしますけどね…。
普通にアレルギー体質なんで…。

 

 

なので、似た症状と勘違いしても
「これ、もしかして別の症状なんじゃね?」
と気づくことができたのなら、それは大きいと思います。

 

よくアトピーの人は
「私はアトピーとずっと付き合っています」
「アトピーがまったく治りません」
みたいな人がいたりしますけど。

 

 

それはぜにたむしに限らず、別の症状と勘違いしているんじゃないかと思ったりします。
かきむしりすぎた皮膚は、もうなにがなんだかわからない状態なので。
そうなってしまうと、医者にとっても判断は難しいと思います。

 

 

アトピーの知名度は高く。
ぜにたむしの知名度は、アトピーと比べると低く感じます。

 

 

そういうところも問題なんだと思います。

 

便秘なんて、実際ぜんぜん便秘ではないのに
「周りの人たちが便秘に悩んでいるから、私も便秘かも!」
なんて思って、特に問題ないのに便秘だと思い込んでいる女性もいる気がします。

 

いや、便秘なのか、便秘ではないのかの境目がどこにあるのか知りませんけど。

 

 

アトピーはなにもしなくてもよくなる可能性があります。
でも、ぜにたむしは適切な処置をしないと治らないというか。
白癬菌が残ってしまって、再発する可能性が高いので…。

 

ぜにたむしだと思っていたけどアトピーだったというのはセーフな気がします。
アトピーなら、体の中の異常なわけで、水虫薬を塗っていたとしても良くなる可能性はあります。

 

 

ただアトピーだと思っていたがぜにたむしだったということになると。
皮膚に白癬菌がいる症状なわけで、アトピー対策ではぜにたむしはどうにもなりません。

 

なので
「〇〇だと思っていたけど、ぜにたむしだった」
という人のほうが、問題ありな気がしますねぇ。

 

 

まぁそういう別の症状な人は、まさか本人がぜにたむしだとは思ってもいないと思うので。
こういう記事にもたどり着かないと思うので、どうにもできないですよねぇ。

 

自分はなんでぜにたむしだと思ったんだろ?
太ももなんかに、丸い湿疹ができたので、それをぜにたむしだと思ったのか…。

 

 

でも、おしりのアトピーだと思っていたところまで
「これ、もしかしてぜにたむしなのでは?」
と思えたのは、なんとなくミラクルだった気がしますね。

 

おしりの状態は自分的にもぜにたむしというよりはアトピー的な感じだったので…。

 

 

ぜにたむしなのかどうか見分けるのは医者でも難しいと思います。
だから、病院に行って医者に魅せるときは
「ぜにたむしだと思うんですが」
とか、言わないほうがいいと思いますよ。

 

皮膚の状態を見せて、医者になんの症状なのか聞けばいいと思います。
おそらく医者もよくわからなくて、答えを濁す人もいるかと…。

 

まぁ皮膚荒れとか、なにもしなくても勝手によくなると思っている医者もいますし。
ぜにたむしも、放置でも綺麗な皮膚になりますからね。

 

放置で皮膚が綺麗になっても。
時間の経過によって、また再発するんですけどね。

 

 

だから完全にぜにたむしを治療するのなら、白癬菌をやつける薬を使わないとだめですね。
いや、放置で綺麗になって
「再発しても、また放置で綺麗にしてやる」
って人もいるかもしれませんが。

 

皮膚に異常がでると結構きついですよ。
夏の湿気が多い時期に再発しやすいですが、そういうときは薄着で皮膚に異常がでている箇所が露出して目立つ可能性もありますし。


ホーム RSS購読