ぜにたむし×ゼニタムシ

ぜにたむし×ゼニタムシ

ぜにたむしっぽい

どうもぜにたむしになりやすい体質らしいです。
水虫(足指)にはならないんですけど。

 

どうもおしりから太ももあたりにぜにたむしができやすいです。
あと首も最近ぜにたむしのようなものがでてきました。

 

 

 

 

 

いや、実際のところぜにたむしなのかも正確なところわからないんですけどね。
たぶんこの丸い皮膚状の湿疹はぜにたむしでしょ。

 

ぜにたむしについて思うことを書いてみます。

 

 

 

ぜにたむしは治る

 

いや
「なに当然のこと書いているの?」
という人もいるかもしれませんけど。

 

アトピーだと、治らないかもしれないと思うほど長く付き合っている人もいるんですよね。
自分もアトピーなんですけど、もうずいぶんアトピーと長く付き合っています。

 

 

でもぜにたむしは治しかたが見つかっているので、ぜにたむしは治ります。
その時点で恵まれていると思います。

 

まぁぜにたむしになった時点で、恵まれてはいないんですけど。

 

 

ドラッグストアや薬局にいけば、水虫&たむし薬があります。
なのでぜにたむしの薬は手に入りやすいんですよ。

 

ただ
【水虫薬=たむし薬】
みたいな感じなので、水虫薬を探したほうが早いと思います。

 

たむし専用の薬はあまり見かけないような。
ぜにたむしになる人より、水虫になる人のほうが多いんでしょうね。

 

 

ぜにたむしは
【自分の症状がぜにたむしだと確信】
できれば、もうほとんど治ったようなものです。

 

後は薬を塗って白癬菌を取り除けばいいわけですから。
時間はかかりますけど、ぜにたむしだとわかれば治すのは簡単です。

 

 

 

 

 

ぜにたむしを治す上で大事な3つのこと

ぜにたむしを治す上で、大事なことが3つあります。
この3つのことさえ抑えておけば、ぜにたむしは治ります。(たぶん)

 

 

大事なのは

  • ぜにたむしだと知ること
  • ぜにたむしの治し方
  • ぜにたむしを治す時間

この3つの点です。

 

 

自分の症状がぜにたむしなのかどうか、確かめることが大事です。
ぜにたむしではないのなら、水虫&たむし薬を使ってもどうにもならないです。
病院に行って検査(?)してもらってください。

 

 

そしてぜにたむしを治す的確な方法を知ること。
病院に行って、話を聞いてください。
まぁ病院に行けば、薬も処方されると思うので、それを使えばOKでしょ。

 

 

そしてぜにたむしを治すには時間がかかります。
すぐには治らないので、気長に治してください。

 

これが塗り始めは結構不安になります。
どうやら皮膚に異常がなくなっても、1ヶ月ほどは塗り続けたほうがいいようですね。

 

 

まぁ用は病院に行けってことです。
病院にいけば、ぜにたむしなのかどうかわかりますし、ぜにたむしだったら薬も処方してくれます。

 

自分は病院に不信感を抱いているので、病院に行きませんけどね!
ドラッグストアで買えるブテナロックやピロエースのクリームを使ってぜにたむしを治そうとしていますけど…。

 

ドラッグストアや薬局で買える市販薬より、病院の薬のほうが効果が強いそうですよ。
なので、やっぱり病院に行くのが一番だと思いますね。

 

 

ただ病院の診察を100%信用するのは危険な気がします。
ぜにたむしだと見分けるのって医者でも難しいと思います。

 

自分もアトピーだと思って2つ病院に行きましたけど。
いま思ってみると
「医者はぜにたむしをアトピーと勘違いしたのでは?」
と思ったりします。

 

 

まぁそもそも1つの病院はアトピーなのかぜにたむしなのかもいわず
「漢方でよくなる!」
としか言いませんでしたからね…。

 

ぜにたむしだという確信がほしいのなら、病院は3つぐらい行ったほうがいいのかもしれません。
まぁ3つの病院すべてが、ばらばらの診察結果を出す可能性もありますけどね。
だめだこりゃ。


ホーム RSS購読